治療

  

事前に備える

カルテを持った白衣の男性

肺腺がんは、肺がんの6割を占めていると言われているがんです。日本にでは、最も発生頻度が高いガンとされています。男女別の肺腺がんの発生率では、男性の肺がんの場合は約4割、女性の場合は約7割が肺腺がんとなっています。早期の肺腺がんの場合であれば、咳や胸の痛みなどもほとんどないため、偶然がん検診や健康診断などで見つかることが多いです。腺がんが進行してくると、様々な症状がみられるようになってきます。 肺腺がんが進行してくると、その他の肺がんにも共通してみられる空咳、血痰、喘鳴、胸の痛みなどがみられ胸膜に炎症がおきたり、胸水が溜まるなどの症状が現れます。 また、こういった治療でいくらぐらいの治療費が必要かについても知っておくことが必要です。なぜなら、医療費はけして安くはないからです。肺線がんで入院して治療をすると、高額療養費制度を行ったとしても一度の入院でおおよそ20万円程度は掛ります。もしもの時のために、ある程度のお金は準備しておいた方がよいでしょう。

「肺腺がん」は、肺小細胞肺がんの一種であり、初期段階で自覚症状はありませんが、早期に発見された場合、放射線治療や手術によって、治癒する事が可能です。肺腺がんは肺の病気の為、一般的に喫煙者に多く発生すると思われがちですが、喫煙者・非喫煙者は関係ありません。 肺腺がんの治療にかかる費用の傾向ですが、平均金額の総額は「約150万円」かかりますので、万が一に備え「医療・入院保険」等に加入しておくと「安心」です。ご自身はもちろんの事、ご家族の皆さんの為を思えば、保険への加入はもしもの為に必要といえます。保険の種類も豊富で、肺腺がんに必要な「高額療養制度・先進医療」適用保険もあります。日常生活の中に取り入れる事として、定期的に健康診断を受け、早期に治療を受ける事が大切です。